プレミアマンション
お客さまインタビュー スタッフブログ 横浜りのべブログ スタッフブログ 購入・買い替え相談お問い合わせ内見お問い合わせ 不動産のプロが教える 中古マンション購入テクニック7日間連続セミナー!
あなたのマンション売ってくださいあなたのマンション売ってください

パークスクエア横浜

石川町駅に直結の非常に便利な立地です。

石川町駅を出ると、目の前がパークスクエア横浜です。
マンションとは、ロータリー?歩道?をはさんだ目の前にあります。

雨に濡れることなく、駅まで行けますので、一度このような環境で暮らすと 他にはいけなくなりますね。

マンションの下層階は、駐車場とショッピング施設があります。
ショッピング施設には、スーパーがありますので、日常のお買い物には、 不便しません。

他にもマクドナルドや、カラオケBOXもありますので、
駅前生活は、非常に便利なものになります。

マンションの分譲主は、住友不動産です。

このマンションは、石川町駅前タワーマンションということもあり、
住友不動産も、力を入れたマンションです。

デザイナーを採用したデザイナーズマンションです。

デザイナーズマンションらしく、インパクトのある色遣いは、印象的です。
賛否はあるようですが(笑)、存在感は抜群です。

マンションのエントランスは1階と、5階の2段構え。
5階のエントランスには、コンシェルジュの方がいて、
いつでもサポートをしてくれる、ホテルライクなサービスを受けられます。

マンションの共有施設も充実しています。
その中でも、ピアノ室は、評判がいいです。
完全な防音室になっていますので、気兼ねなくピアノを演奏できる環境が整って います。

次に、ビューについて。

向きは東向きと、西向き。
東向きはマリンタワー・横浜ベイブリッジビュー。
西向きは、上大岡方面を望みます。

オススメは、マリンタワー・ベイブリッジビューです。

この向きは、「横浜」らしさを一望できるビューで、
個人的にはかなりお気に入りです。

元町中華街駅には、4本のタワーマンションが在りますが、
実は、マリンタワーや、ベイブリッジが楽しめる部屋は、限られています。

なかなか、このビューが楽しめるは、価格も高く中々流通もしていないのですが、
パークスクエアの東向きは、中層階以上であれば、このビューが楽しめる 部屋が多く有ります。

 
     
  エントランス前のエンブレムです。   高級感漂うエントランス。   充実なショッピング施設あり。
 
     
  キレイなエントランス内。   石川駅から外観が目立ちます。   石川町駅から徒歩1分です。
 
           
 

パークスクエア横浜の建物概要

 マンション名 パークスクエア横浜
 住居表示 神奈川県横浜市中区吉浜町1-2
 交通 JR根岸線『石川町』駅 徒歩1分
みなとみらい線『元町・中華街』駅 徒歩11分
 構造・規模 鉄筋コンクリート・23階建
 総戸数 395
 間取り 1LDK〜4LDK
 専有面積 61.23u〜115.11u
 竣工時期 平成13年9月
 設計・監理 褐F谷組
 施工 褐F谷組
 分譲主 住友不動産
 管理会社 住友不動産建物サービス

パークスクエア横浜の物件地図

 

  




横浜の最新物件情報満載!!毎週70件超の最新情報を更新しています。

 

ショッピングに便利な横浜・みなとみらい。
赤レンガ倉庫に山下公園・中華街。
快適な横浜都市生活を満喫できる、エリアに絞った物件情報を更新しています。

   


中古マンションを自分流にリノベーションアレンジ。これが『横浜りのべ』スタイル。

 

全面リノベーションだけが、リノベーションではありません。

ちょっとしたアレンジを加える『プチリノベ』で、お部屋のイメージは変わります。

50万円以下で出来る『プチリノベ』これが人気の秘密です。

   


横浜りのべのスタッフは、不動産・建築のスペシャリスト

 

不動産とリノベーションの仕事は経験と知識が生命線です。

業界の裏の裏まで知り尽くしたスタッフが、お客様のサポートをいたします。

   


不動産購入+リノベーションは、最初の資金計画が全てを決めます。

 

自己資金と、住宅ローンのバランス。リノベーション費用の配分。

一件簡単そうな話ですが、中古マンションの購入は、リノベーションの内容が決まる前に住宅ローンの申込が必要です。 
結果、リノベーション費用は後から考えるということに・・・。

この時点で、資金計画は失敗です。

地味で、スポットは当たる事はありませんが、『横浜りのべ』の最大の強みは、中古マンションの内見の時点から、リノベーション費用も想定した資金計画をご提案しています。

中古マンション購入+リノベーションは、入り口で成功の是非が決まっています。
(これを知っている人は実に少ないのです)